久しぶりに本当のビールを飲んでも味がわからない

先日、友人と久しぶりに飲みに行きました。
久々の飲み放題で、とりあえずビールで、本当に久しぶりに本物のビールを飲みました。
家では毎日晩酌をしている私です。
しかし、ビールなんて夢のまた夢の飲み物で、いつも第三のビール、もしくはほぼ同じ値段でアルコール度数が高い缶のチューハイを飲んでいる。
だから飲み屋でビールを注文した時折「久しぶりの本当のビールだ~!」と、すごく嬉しかったのですが、飲んでみるとあれ…あまり味がわからないではありませんか。
これは私の味覚がすっかり狂ってしまったのか、それとも第三のビールが味の研究を重ね、ビールにより近い味を出せるようになってきたのでしょうか。
とにかく感想としては、いつも飲んでいるビール(第三の)と変らないと言うものでした。
友人たちもみな口々に、そんなことを言っていたので、私の味覚だけがおかしくなってしまったと言うわけではなさそうです。
ある口の悪い友人が言っていましたが、「もしやみんなそんなに味の違いがわからないとして、メニューには生ビールって書いているけど、本当は発泡酒とか出しているんじゃない?」というそんなこともあるのでしょうか。
ちょっとした疑念に包まれてしまいました。
でも飲み放題で飲んでいるので、ビールの次にはチューハイ、その次にはハイボール、そして日本酒からのワインへと流れていきます。
結局は二時間飲むことが出来ればいいのです。
そしてビールは喉越しですから、炭酸強めで冷えていれば良いのです。
こんな私のような味音痴がいる限り、第三のビールの売り上げも伸びていくことと思います。http://xn--w8j7iuf2c0b3973a1ipxn7aeksgsi9lk.com/