色んな法案が新たに決まっていくのに、意外と知らないことも

 改正ストーカー規制法が成立し、
SNSも処罰の対象になった。

もともと「ストーカー」という言葉が広くばれるようになったのは2000クラスだったと思います。

男女間の痴話げんかくらいの知識しかなかった時代に、
悲惨な事件が起きました。

常に法整備というのは、
何か事件が起きた後です。

今回の法改正も、
これまで処罰の対象外だったインターネットの執拗書き込みがことの発端です。

法に触れない限り警察もなかなか思うようには捜査できない。

結果、
事件が起きてしまい誰かが死者になってしまう。

昔に比べて今のほうが、
人間関係の構築がレベルアップして、
難しくなったように思います。

会話を顔を見てするだけでなく、
携帯電話での会話も重要になってきたと感じます。

便利なことが増えましたが、
その反対に物事がレベルアップして、
余計な手間も増えたと思います。

 さらに気になったニュースがあります。

自衛隊のPKO弔慰金増額決定で、
これまでの6000万円から9000万円に。

この金額は果たして妥当なのかどうなのか?色んな意見があると思います。

公務員の皆さんの報酬について思うところがあります。

命の危険の可能性が高い職種と、
そうでない職種があります。

自衛官や警察官や消防士、
海上保安庁の職員は、
まさに死と隣り合わせの現場も多々あると思います。

しかし、
役場の職員はどうなのか?という時があります。

これまでに報道された公務員の報酬の実態を見ると、
なかなか納得のいかないことが多かったです。

公務員は資格職なので、
優遇されるべき職種です。

しかし国民の年金の支給額も、
世間の景気とスライドされることになりそうな感じです。

公務員の給与も、
最大手だけでなく中小零細企業まで含めた市価で決めて欲しいですね。

税収が減れば給料も減るは当たり前の話ですから。

アドラーフォーが効果なし?試した結果