12月なのに優しい日光!ピアノの訓練がしやすい情勢

12月初日は寒く、リビングの温度計は15℃を示していました。

11月下に寒いと思った日光も、19℃はありました。

そのまま4℃落ちるだけで、体の感覚が変わってしまいます。厚着を通じて手袋にて、こたつを太ももに乗せて温めても寒くて暖房なしではいられません。

初めて暖房を入れて、今後は毎日暖房といったお付き合いがあるのかなと思っていたら、2お日様連続であたたかく、本当に12月?って見損なうほどです。

優しいという電気代の省エネルギーになるし、ピアノの繁栄仮にやすくて助かります。

ブラウスを着て手袋を通じて、こたつで歩きの裏を温めながらさぁ、繁栄です。

正午まで冒頭1拍子しかないので、指の繁栄もして譜読みの繁栄もはじめるなんて欲張るといった必ず出来栄えが落ちてしまい同然。

どちらかを選んだほうがいいなとして、音符を読んで短く指を据え置く繁栄をすることにしました。

コーラス大会を適当に開いて、直感で弾きたい曲を抜擢です。

前の頁の曲は簡単なので、とにかく後ろの方の重い曲がいいな。

選択したのは、インテラパックス。16分け前音符が頻繁に登場し、中学の合唱の伴奏とは思えないような難しさがあります。

曲の幕を開ける16分け前音符を超える速さの32分け前音符の階級、これをかっこよく弾きたい。

16分け前音符も指が回らない私が32分け前音符なんて無理に決まっているけど、指使いも同時に覚えたいから覚え込ませるようにわざと徐々に弾きました。

スロースピードアップだとハノンを弾いて掛かる感じでインテラパックスだと徹頭徹尾気持ち付か。

その次の和音で漸くインテラパックスだとわかるように弾けました。

唯一まともに弾けたのはこの部分だけで、後は詰まって何弾いてるかわからない感じになりました。BLIS M18を買うならどこがいい?楽天、それとも輸入?