自分の空論ってなんだろう、好みってなんだろう…

近頃、どうもそんなことを考えてしまった。
年始の抱負やら、新おとなとしての意識やら…そういったものを目にする機会が多かったからかもしれない。
ただし二度と考えてみると薄々に厳しい。
何とか毎年漫然と生きているのかが押さえる。
弊社、33年代の独身男子だ。
一般的に考えると
「女房といった乳幼児という温かな住居を築いていきたい」
とか
「出世したい、そして行く行くは独立したい」
とか…そんな一品を持っている物なんだと想う。
但し残念なことにわたくしにはこんな意識は弱い。
毎年むしろ仕事をして、漠然と遊び、漠然と寝ている。
…これでは何のために生きているのかわからない、私の心は渇ききっている。
として、ルーティンに満足を加えるために「今後のドリーム、訳」を考えて見分けることにした。
そして、昔も思い出しつつはかる案件小一時間、出てきた答えが…
「ホームランが打ちたいな…」
これである、有難い年代した父ちゃんが小一時間考えて出した答えがそれ。
おい!乳幼児の訳かよ!
…最もでも、これは最高峰内心、誠にやりたいこと。
わたくしは小学校から高校まで野球をやってきた。
おとなしてからも月収数回バッティングセンターに赴き、草野球を階級に何度か始めるそばには続けている。
こうした野球ルーティンの中で自責が残っていることがある。
それが
「ルーティンで一度も柵乗りこえのホームランを打ったことがない」
これである。
ホームランには見果てぬロマンがある。
一度でいいからトロトロダイヤモンドをめぐって的。
TVでも芸能人が努めたりあげるが、あの信念、きっちり一生懸命分かる。
…はい、必ずしもビビッな、ホームラン同時打たなきゃ死んでも死にきれん。
こうしていっそ好み球団の本拠でやってやりたいな。
として、私のドリーム&訳が決まりました。
「東京ドームでホームラン!」
さあ、今日から毎日問題だ!バッティングセンターにも毎週通おう!
後、ドーム借り上げるための金儲けも取り掛かりないとな…
お、なんかルーティンにはりが出てきた気がするぞ!
目指す一品があるはありがたい。
いかなる目的であれ、それがあることでやること単位に意図が出てくる。
意図が出てくれば、それが心中に至る。
何をやるにも心中は必要、つながる上でも同じことだと思う。
よっしゃ、なんか内的が潤ってきたぞ!今年も頑張っていけそうだ!残業で夜遅くなってもサッと投入で溶かしてホッと一息。手軽においしく続けられる玄米ミルクスムージー